blog, diary

クリスト&ガンテンバイン展

IMG_1319

ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラムで2019年3月20日〜31日まで開催されていました
CHRIST & GANTENBEINの展覧会「 THE LAST ACT DESIGN – スイス建築の表現手法」へ行ってきました。

クリスト&ガンテンバインはスイスを代表する若手建築家として知られ、これまで主にチューリッヒやバーゼルなど歴史的な都市環境の中で真摯にコンテクストと向き合いながら繊細かつ大胆な現代建築を実現してきました。

その、クリスト&ガンテンバインの展覧会は、日本で初開催です。
雑誌で建築作品を少々は拝見していましたが、詳しく知らなかったこともあり、楽しみに・・

IMG_1322

最初の展示室、全体風景。

展示は、シンプルで美しく、繊細な表現となっていました。
実際に実現している建築の写真、模型の写真、ドローイング。

そのうち個人的には模型の写真に何とも興味が湧き・・
写真撮影可でしたので、いくつかご紹介してみます。

 

IMG_1323

 

IMG_1324

 

IMG_1326

 

IMG_1329

 

IMG_1330

 

IMG_1331

 

 

IMG_1334

最後の展示スペース俯瞰。
本展覧会のために製作された古典的なドローイングの数々・・

展覧会の解説テキストでは

「建築が完成した後もこれらの媒体で建物を新たに表現することにより、その建築が持つ意味の多様性を表出させることを可能とし、プロジェクトの本質の発見に導いてくれることを期待しています。」

とありました。
建築の様々な側面を静かに炙り出すような、全体的にクールな展示だと思いました。

 

IMG_1345

 

IMG_1350

 

IMG_1361

これらは、実現しなかったプロジェクトの模型たち。

密かにテーブルの脚部もデザインされた形に。

 

IMG_1343

 

IMG_1362

 

IMG_1344

「移り変わりの激しい現代において、建築はとても長い時間軸で取組まれる数少ない専門分野のひとつである。建築はたいてい長期にわたって存在する(あるいは少なくともそのように想定されている)オブジェクトであり、また、形があるゆえに常に評価される運命にある。」

開館直後、来場者の少ない静かなタイミングで足を運ぶことができたこともあり、
年度の締めくくりに素晴らしい展覧会をゆったりと見ることが出来ました。
個人的には大いに刺激をいただきましたので、4月から良いスタートを切れるよう頑張っていきます!

 

blog category:展覧会等イベント視察
other categories

2019-03-31 | Posted in blog, diary |