blog, news

louis poulsen社が選ぶベスト3に入りました

「louis poulsen(ルイスポールセン)」は、1874年に創業したデンマークの照明メーカーです。
光として質が高く、視覚的にも美しい製品を生みだす情熱的なクラフツマンシップ。
シンプルで美しいデザイン。
世界の照明デザインに大きな影響を与えている照明メーカーの1つといえます。

house_in_meguro_照明

その「 louis poulsen(Japan)」が主催で、同社器具を設置した建築の事例写真を募集するキャンペーンが2019年1月〜あることを知り、弊社設計の「目黒の住宅/House in Meguro」の写真(撮影:小川重雄)にてエントリーしてみました。

ダイニングテーブルの上部に、ペンダント照明「CIRQUE(スィルク)」を1灯 配置しています。
やや個性的な器具形状ですが、グレートーンのカラーを選定しましたのでインテリアの色調ともうまく馴染んでくれたかな、と感じています。

そして結果は幸いにも・・
louis poulsen社が選ぶベスト3の事例に入ったとの連絡をいただきました!
先日、その記念品も拝受しました。

またこの事例写真は、デンマーク本社とも共有して下さるとのことです。
日本国内での弊社設計事例が、欧州からどんな風に見ていただけるのか、
どこかでご意見をうかがえるとうれしい限りです。
思いがけず楽しみが膨らみました。

 

blog category:目黒の住宅
other categories

2019-08-08 | Posted in blog, news |