blog, diary

「LT城西2」見学

IMG_5167

先週末に、諸江一紀建築設計事務所と鈴木崇真建築設計事務所の共同設計でつくられたシェアハウス「LT城西2」の見学をさせていただきました。
諸江さんと鈴木さんとは大学の非常勤講師の設計指導でご一緒させていただいていることもあり、彼らの実作建築のオープンハウスを楽しみにしていました。

場所は愛知県名古屋市、地下鉄鶴舞線の浄心駅から徒歩6分。
敷地に隣接して、同じくシェアハウスの「LT城西」があります。こちらは成瀬・猪熊建築設計事務所によるもので、2013年に竣工しています。建築メディアにも大きく取り上げられ記憶に残っている方も多いのではないかと思います。その後の第二期計画が「LT城西2」。

一般にシェアハウスとは、水回りやリビングを住人(家族ではない他人同士)で共有するもの。これまで業界的には、既存施設をリノベーションすることで、個室を多く設けて面積効率を上げる賃貸運用モデルが多かったのですが、LT城西は第1期(13個室)、2期(21個室)とも数少ない新築のシェアハウスとなっています。

オープンハウスなどの見学会は、一般の多く方に建築家の仕事を知っていただく貴重な機会ですが、同じ建築設計者同士お互いの情報交換の場でもあり、次の設計のヒント・材料知識などに役立つことも多々あります。
今回のように、新しい個人と個人の集まる住まい方、その形式や建築空間・仕様など、なかなか自身の設計で経験できないため、いろいろと参考になりました。

IMG_5170

個室屋根の高さに変化を与え、共用部分にはその動きが空間に現れています。建設費を抑えながらも建築の工夫は各所に見られ、また丁寧な現場の設計監理・施工であったことも確認できました。
諸江さん、鈴木さん、まずはお疲れ様でした。そしてご案内どうもありがとうございました。

IMG_5174

写真奥は「LT城西2」の2F共用部の大きな窓。手前右側は「LT城西」外壁。

若い設計者お2人の力作が近いうちに発表されることを楽しみにしつつ・・
日々の設計に、刺激をいただいた名古屋の見学会でした。

 

 

 

blog category:建築視察
other categories

2017-01-30 | Posted in blog, diary |