blog, diary

植栽圃場で見かけた スペインオリーブ

FURUYA PLANTS

植栽検討のため先日、横浜市神奈川区にある老舗植木店「FURUYA  PLANTS」さんへ足を運んできました.

約3900㎡の広大な圃場には、約3000種もの多種多様な植物をそろえているそうです.
打合せ目的と関係ない植物を含め、見ているだけで楽しくなります.
いくつか気になるものなどスナップでパチリと.

FURUYA PLANTS

 

 

FURUYA PLANTS アカシア

入り口脇には、丸く形づくられたアカシアが植えられています.
すごく大きなボリュームで立派!

 

 

FURUYA PLANTS 枝垂ミモザ

枝垂れタイプのミモザは、かなり珍しいものらしいです.

 

 

FURUYA PLANTS ラベンダー

ローズマリーもこんな風に、こんもりとしたボリュームがあると、ちょっと違った雰囲気をつくり出します.

 

 

FURUYA PLANTS スティパ

足元には風にそよぐ、スティパ.

 

 

FURUYA PLANTS

見たことのない植物も多数並んでいます.

FURUYA PLANTS FURUYA PLANTS

 

 

FURUYA PLANTS エアープランツ

ガラス室内には、エアープランツも.
(娘も連れて、見学させていただきました)

FURUYA PLANTS エアープランツ

空気中の水分で成長しています!

 

 

FURUYA PLANTS スペインオリーブ

こちらは、スペインオリーブ.

植栽検討予定のものではありませんが、圃場で偶然見かけました.
樹形が何とも素敵です.
樹齢はどのくらいでしょうか. 価格も・・?
ヨーロッパのオリーブは、古いものは500年、1000年にもなるそうです・・
気が遠くなるほどの時間の永さで生きているんですね.

FURUYA PLANTS スペインオリーブ

切り株のようになっているオリーブは、まだ運ばれて間もないもの.

スペインから長距離移動のため、枝も根も極力小さく切ってしまい最小限の活動エネルギーで生きながら、船便で数ヶ月かけて日本にやってくるそうです.
そしてまた日本でじっくりと時間をかけて、枝葉を伸ばし実をつけてくれるんですね.
生まれ育った本国スペインを離れ、きっと一緒に育った家族・仲間ともお別れして
こうして気候も土も異なる日本にやってきて第二の人生(オリーブ生?)を歩むたくましさ・・
環境が整えばさらに数百年生きていくのかもと思うと、本当にすごいなぁ.

人間(自分)の生活の中で、引越したり、転職したりという環境の変化くらいで、慌てたりしてはいけないなと.
何だか勇気をもらえた気がしました.

 

 

FURUYA PLANTS オリーブ

オリーブもいろいろな品種・サイズ・形があります.

FURUYA PLANTS オリーブ

高さ4mほどのオリーブは、今回狙い目の一つ.

 

 

FURUYA PLANTS ロシアンオリーブ

こちらは、ロシアンオリーブ.

呼び名はオリーブと言っても、正確にはグミの仲間で、赤い実をつけます.
ある程度の日影でも生育するとのことで、植栽候補の一つに.
個性的な樹形が面白いですね. シルバー系リーフで独特の良い雰囲気をつくってくれそうです.

 

 

FURUYA PLANTS メラレウカ

メラレウカは、香りがとても良いティーツリーでした.
FURUYA PLANTSさんオススメの一つということで、こちらも候補に.

 

広い圃場を、とても優しく案内して下さいました石井さん
どうもありがとうございました!

 

 

 

blog category:etc.
other categories

2016-06-15 | Posted in blog, diary |