news

media/KLASIC 記事に紹介されました

スクリーンショット 2019-06-05 21.38.23

建築家ポータルサイト「KLASIC」さんより取材のお問合せを受けまして、
弊社設計の「犬山の住宅/House in Inuyama」について記事を掲載していただきました。

どのような経緯で、どんなことを考えて住宅設計を行なっていたのかなど、わかりやすく記事にまとめていただき、感謝いたします。

お時間ございましたら、
こちらの掲載ページをご覧いただけますと幸いです。
https://www.klasic.jp/construction/10657/

 

blog category:犬山の住宅
other categories

2019-06-06 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

event/建築家展(豊橋)に参加します

plat

第30回建築家展
〜建築家と出会える相談会〜

2019. 6/8〜6/9
愛知県豊橋市「穂の国とよはし芸術劇場」にて
開催されます建築家展に参加させていただきます。

開催日時:
 6/8 (土) 11:00~18:00 入場無料
 6/9 (日) 10:00~17:00 入場無料

開催場所:
穂の国とよはし芸術劇場(PLAT)創造活動室A
愛知県豊橋市西小田原町123

豊橋190608表03

関東・関西・中部圏で活躍する建築家が参加します。
入場・相談無料です。この機会にぜひご参加ください。

当日は、参加無料の「建築家セミナー」も予定しています。
ちなみに私、伊原も講師として少しお話しさせていただきます。
ご来場いただいた方々に、できるだけ「建築家とつくる家づくり、ハウスメーカーさんとの違い」についてわかり易くお伝えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

豊橋190608裏03

↓イベントの詳細はこちらでもご確認いただけます。
https://events.asj-net.com/events/11753?for_studio=188

 

 

main-visual-fallback-cc7ebe4977049a66749204220f6d30fb0bf97ae4a212d52416b3a2816c71be58

 

建築、住まいに関することでわからないこと、ご質問などございますでしょうか。
日々、実務設計を行なう建築家が何でもお答え致します。
土地探しから相談したい方も、お気軽にいらしてください。

 

 

blog category:出展イベント
other categories

2019-05-14 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

works「目黒の住宅」竣工しました

house_in_meguro_29

worksページに「目黒の住宅/House in Meguro」写真をUPしました!

都心部に建つ、木造2階建ての二世帯住宅です。
よろしければ こちらよりご覧いただけますと幸いです。

2019-03-20 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

award/Best of Houzz 2019 受賞しました

スクリーンショット 2019-01-26 5.31.10

 

「Best of Houzz 2019 デザイン賞 受賞」というお知らせをいただきました。

 

hm+architects 設計の「犬山の住宅/House in Inuyama」に対し
web上で多くのご支持をいただいたようです。

昨年に続き、思いがけず嬉しい連絡でした。
不特定多数の、しかも国内外の方が興味を持って下さったということは、大変光栄なことです。
ありがとうございました。

施主・設計・施工・撮影など関係されたすべての皆様に感謝を申し上げます。

 

 

↓以下、Houzzさんより

Houzzでは毎年、世界中に広がるHouzzコミュニティから支持を集めた専門家を選出しBest of Houzz(ベスト・オブ・ハウズ)を授与しています。
Best of Houzzは、デザイン部門とサービス部門の2部門で構成されており、各部門で専門家が選ばれ賞が贈られます。

今年は貴社が選ばれました。おめでとうございます!

 

貴社が受賞されたデザイン賞は、
4,000万人以上のHouzzユーザーの間でもっとも人気のあった建築やインテリアデザインを手がけた住まいの専門家に贈られます。

 

 

blog category:犬山の住宅
other categories

2019-01-26 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

works「尾張の住宅」竣工しました

sakai_house_20

worksページに「尾張の住宅/House in Owari」写真をUPしました!

地上3階建て(RC造+木造)混構造の住宅です。
よろしければ こちらよりご覧いただけますと幸いです。

2018-09-18 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

カタログに掲載いただきました

IMG_7276

hm+architectsで以前、住宅リフォームの設計監理をさせていただきました
「覚王山の住宅 改修/House in Kakuozan」
大手タイルメーカー「DINAONE」さんの今月出来上がったばかりの
最新2018年版総合カタログに、施工事例として掲載されています。

 

IMG_7281

このタイルカタログでは例年
国内外の大規模な建築物や公共施設、リゾート地、店舗といった写真映えする事例が多く掲載されています。
そんな中、小規模な住宅のリフォーム事例でありながら
このように製品施工事例として取り上げていただけたことは、少し珍しいことかなと感じつつ、やはり有難いことですので
掲載を快諾下さったクライアントはじめ関係された皆さんにまず感謝したいです。

 

ただプロユースのカタログですので、残念ながら一般の方が通常目にするものではありません・・

少々マニアックな資料ですが、折角なので掲載カタログを1部、記念にクライアントへお届けしようと思います。

 

スクリーンショット 2018-04-17 20.21.27

また、紙媒体のカタログのほか
DINAONEさんのWEB上でも施工事例ページに掲載いただきました。

採用タイル/
製品名:FLAT BRICS ECOCOLOR
サイズ:55×250×22 mm

ちなみにこのタイルは、イタリアより輸入しているものですが、現地の職人さんが木型を用いて手作りで製作をしているレンガタイルです。
各ピースに形状や焼きムラなど程良い表情の差があり、クラフト感が特徴といえます。

今回の事例では、フラットな壁面には標準寸法の横長のもの、それから
掲載写真左側に見えます曲面壁部分のみ、長さを2分割した小割のカットタイルとして施工しましたので
結果的に同製品で2種類の見え方が楽しめることとなっています。

 

 

blog category:覚王山の住宅 改修
other categories

2018-04-17 | Posted in blog, diary, newsNo Comments » 

 

award/Best of Houzz 2018 受賞しました

Best_of_houzz_2018

 

「Best of Houzz 2018 デザイン賞 受賞」というお知らせをいただきました。

 

hm+architects 設計の「犬山の住宅/House in Inuyama」に対し
web上で多くのご支持をいただいたようです。

自ら賞に応募したものではありませんでしたので、思いがけず嬉しい連絡でした。
不特定多数の、しかも国内外の方が興味を持って下さったということは、大変光栄なことです。
ありがとうございました。

施主・設計・施工・撮影など関係されたすべての皆様に感謝を申し上げます。

 

 

↓以下、Houzzさんより

Houzzでは毎年、世界中に広がるHouzzコミュニティから支持を集めた専門家を選出しBest of Houzz(ベスト・オブ・ハウズ)を授与しています。
Best of Houzzは、デザイン部門とサービス部門の2部門で構成されており、各部門で専門家が選ばれ賞が贈られます。

今年は貴社が選ばれました。おめでとうございます!

プレスリリースはこちら

貴社が受賞されたデザイン賞は、
4,000万人以上のHouzzユーザーの間でもっとも人気のあった建築やインテリアデザインを手がけた住まいの専門家に贈られます。

 

 

 

blog category:犬山の住宅
other categories

2018-02-09 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

award/第48回 中部建築賞 を受賞しました

中部建築賞_犬山の住宅

2016年12月13日に名古屋(名鉄ニューグランドホテル)で開催されました 第48回 中部建築賞表彰式に出席してきました。

hm+architects が設計を手掛けました「犬山の住宅」で、中部建築賞をいただきました。
半世紀近く続く権威ある建築賞であり、中部9県(愛知・岐阜・三重・静岡・福井・石川・富山・長野・滋賀)から選ばれる住宅部門 上位6作品の入賞ということで、恐縮しつつも・・やはりうれしかったです!

この賞は、設計者のみの表彰ではなく、施主・設計者・施工者の3者が揃って表彰されることも素晴らしいです。
住宅の引渡し後、久々のみんなの再会がこうした晴れやかな場となりましたので、皆で記念撮影を1枚。

クライアントは一級建築士の資格もお持ちです。はじめはご自身の設計で住宅をお考えで、素案を検討中のタイミングで偶然お会いする機会がありました。当時、会話のはじまりは実務を全国で経験した私たち設計者の意見も参考までに聞いてみたいというものでした。
計画地はもともと農地でしたので、転用して宅地化する際の地盤のことや、敷地に対する配置や建築の考え方など、以前から面識がありましたので気になる点などをざっくばらんにお話させていただいたのですが、結果的には hm+architects へ依頼してくださることに・・

私たちにとりましては、専門知識のあるクライアントに対してプロとしてしっかりとしたレベルで期待に応えたいという特別な想い(プレッシャー?)もありました。そうした経緯も思い返しながら・・個人的には、クライアントが壇上で表彰された場面がこの日のクライマックスでした!

 

中部建築賞表彰式

受賞後、クライアントご家族がとても喜んでくださっているのが印象に残りました。
こうしてクライアントが満足していただける場面に立会え、設計者も施工者(誠和建設さん)も頑張って取組んだ工事後の思いがけないご褒美となりました。みんなの笑顔につつまれた一時でした。

設計から工事まで関係して下さったすべての皆様に感謝申し上げます。

 

中部建築賞_審査委員長

審査委員長をお務めになられました栗生明先生の総評では、中部圏それぞれの「地域」のかけがいのない「固有性」についてお話くださいました。一般的に「風土」と呼ばれるものから学ぶこと。地形の違いや季節変化により異なる「自然環境」、その土地の歴史文化の中で育まれてきた「生活習慣」や「行動様式」。そしてそこに暮らす人々の「思い」や「感性」など。大地に強く縛り付けられることを余儀なくされる建築は、常にその「地域」の「固有性」と、どのように関わるべきかが、建築を計画する際の大きなテーマとなる。
また「景観10年、風景100年、風土1000年」と言われることなど・・
設計者として理解しているつもりでも、なかなか実作として正面から取組むことが容易ではない、こうしたお言葉の一つひとつ。ズッシリ、重く響いています。
この賞を励みに、これからもしっかりと設計活動に取組んでまいります。

入賞作「犬山の住宅」選評 はこちら

 

blog category:犬山の住宅
other categories

2016-12-17 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

event/第22回建築家展 に参加します

 

img_53272016. 10/1(土)〜2(日)愛知県豊橋市にて開催されます
建築家との家づくりイベント「第22回建築家展」に参加させていただきます。

10/1 (土) 11:00~18:00 入場無料
10/2 (日) 10:00~18:00 入場無料

会場:アイプラザ豊橋
住所:愛知県豊橋市草間町字東山143-6

ARCHITECTS STUDIO JAPAN 主催イベントです。
弊社のほか複数の建築家が、会場にてお待ちしています。
建築家との家づくりとは?
建築、住まいに関すること全般で知りたいこと、
ご興味、ご質問などございましたらお気軽にいらしてください。
こちらのページにてイベント詳細情報をご確認ください。

toyohashi161001

 

 

blog category:出展イベント
other categories

2016-09-23 | Posted in blog, newsNo Comments » 

 

website works「犬山の住宅」写真追加しました

犬山の住宅 外観
弊社 WEBSITE につきまして
works ページ「犬山の住宅/House in Inuyama」の夏バージョン写真
10点ほど追加いたしました.

前回の撮影は、住宅のお引渡し直前の3月はじめでした.
1枚目の写真は、その後5ヶ月ほど経過した8月撮影の写真です.
建物は周囲の緑にきれいにつつまれました.
この時期、稲越しに見ますと建物が田圃に浮かぶような景色になります.

 

犬山の住宅 外観

以前(3月)の東側外観.
この時点では、外壁はレッドシダー施工直後のため木の色が濃いです.
経年変化を見越して仕上は無塗装としていますが、8月写真と比較しますと・・ほぼ予想した退色変化が現れています.
数年かけて、全体がさらにグレイッシュになれば・・またシブい姿になってくれると期待しています.

 

 

犬山の住宅

南側外観.
かつて水田であった土地のイメージを尊重し、南庭の大半は水平面をつくるフラットな芝張り.
シンプルなランドスケープデザインにしています.

夏の日射は軒の出で遮られ、建築の表情は季節・光によって変化するのがわかります.

 

犬山の住宅 冬

冬の暖かい日差しも美しく、捨て難いものがありますが・・
写真はいくつか夏バージョンの写真に差し換えた→ works ページとさせていただきましたので、よろしければご覧ください.

写真は前回同様、小川重雄さんに撮影していただきました.
小さな住宅に、2度も足を運んでいただきどうもありがとうございました.
建て主さんご家族も、設計の私たちも、建築も(きっと)美しい写真に大満足です!

 

 

blog category:犬山の住宅
other categories

2016-09-02 | Posted in blog, newsNo Comments »