diary

Project/House in Hayama

バージョン 2

先日、新築プロジェクトの提案を行ないました。

リクエストいただきました内容を合理的に、コンパクトに盛り込んで
実際の面積以上の広がりを感じられるよう、建築的な検討を行っています。

住宅の内外に様々な居場所を用意して、各要素はシンプルなものでありながら全体として変化に富んだシーンをつくりだせたら・・という思いを(毎回のことですが)図面と模型に込めています。

 

IMG_0877

 

blog category:etc.
other categories

2020-05-31 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

遠隔にて

人が集まって対面で何かをするのが難しい状況が続き、様々な場面で遠隔のスタイルが一般的になってきました。

私(伊原洋光)が所属しています田園都市建築家の会でも
メンバー全員が集まる定例会議や、少人数のグループ打合せでは基本的にZoomを利用するようになりました。
移動の時間が節約され、また時間帯も遅めでもOK、みたいなニュアンスがいい感じです。

先月、クライアントご家族と行いました遠隔の設計打合せでは
ZoomではなくiPhoneのFaceTimeを利用し、
図面資料や模型、PC画面で部分の解説などをさせていただきました。

IMG_0820
初めての遠隔打合せでしたが、これまでの対面打合せのように違和感なく会話もでき、無事に設計の内容もお伝えできたと思います。
模型の一部を説明する時など、ZoomなどPC端末にはないハンディな良さもありました。

 

また先週より、非常勤講師としてお世話になっています2つの大学で遠隔授業の対応がはじまりました。
遠隔ということで、指導者も学生さんも新しい形の授業の準備をどうすべきか、大学にもよりますが方針を定めるのになかなか大変な状況です。

大学サーバへのデータのアクセスが集中するとどうなるか
学生さんの通信環境や端末は一様で無いがどうか
学習効果が対面での授業と同等であるか
双方向のコミュニケーションが成立しているか
エビデンスを残す、など。

私なりにドキドキだった初回の講義を何とか終え、昨年までは行っていなかった学内情報システムを利用した授業アンケートを実施し、コメントを書いてもらうことにしました。
思った以上に前向きな意見が多く、私も授業へのモチベーションが例年以上に上がりそうです。
学生さんにとっては、こうした形式の方が意見が言い易いという良い面もあるようですね。

「テレワーク」と「リモートワーク」という言葉があります。「テレワーク」のほうが国内では多く用いられているようですが、ほぼ同じような意味でも「リモートワーク」の方が、ややチームで働くという意味合いが強いようです。
個人的にはこちらのほうが、離れていても関係するみんなで一緒に協力しているような雰囲気があり、好みです。

 

このところ、大学での新たな準備、設計作業でも実施設計・新規のご提案作業にかかりきりとなってしまい、ブログが暫く振りとなり失礼いたしました。
未経験のことに対応していく状況が、まだしばらくは増えそうですが、柔軟に考えていきたいものです。

 

blog category:etc.
other categories

2020-05-11 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

ブログからの「点・線・面」

IMG-0586

写真は、2020年2月に岩波書店より刊行されたばかりの書籍

「点・線・面」です。

著者は、世界的なご活躍で広く一般の方にも知られる建築家、隈研吾さん。

みずからの建築思想を、具体的な作品を俯瞰しながらまとめ
ご多忙を極める中、書き下ろされたという渾身の1冊です。

 

モダニズム建築や西欧の建築的伝統と、自身の建築のどこが本質的に異なるか・・

20世紀の「ヴォリューム」を解体しようと熱望され、
原点にあった カンディンスキーやギブソン、ドゥルーズ、新しい自然科学の潮流など
さまざまな思想が流れ込みながら一つの形を取るようになってまとめられた この思想を
著者は「新しい方法序説」と位置づけています。

 

IMG-0592

解説、参照される事例も多岐にわたります。
こちらは巻末にあります、図版出典一覧ですが、さすが錚々たる資料提供元という印象です。

 

そこに私の写真が1つ・・場違いなような気もしますが「図26」として掲載されました。

以前私が建築家、村野藤吾 設計の「千代田生命本社ビル」を見学した際に撮ったものですが、このたび編集者よりお問い合わせをいただき1点、写真を提供しました。

隈研吾さんが村野建築についてディテールを例に解説をしようと資料を探され、拙ブログ記事(2016年4月)の写真を見つけられたのだそうです。他の専門資料ではこの部分を意図的に説明する写真がなかったようで、ご指定いただきました。

ブログのスナップ写真から、こんなこともあるのですね。
もっとしっかり撮っておけば良かった・・と思っても時すでに遅し(笑)。

 

普段は設計実務作業が中心で、正直なところ読書は疎かになっておりましたが、
「建築の思想と実践」に関する良書を拝読する機会を与えていただきました。

ご興味ある方は是非、手に取ってみてください。

 

 

blog category:etc.
other categories

2020-03-16 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

田園都市建築家の会 第5期理事会

IMG_0529

先週、所属しています一般社団法人「田園都市建築家の会」の第5期理事会が発足いたしました!

これまでの第4期メンバーと共に地元の横浜市青葉区にあります驚神社にて商売繁盛の祈願をしてきました。
個人的には予想もしていなかったのですが、末席ながら新理事会メンバーに加わることとなりましたので、身の引き締まる想いで参加させていただきました。

 

20200304理事会

新会長の吉田立さんはじめ、全員で会の活動をこれまで以上に楽しく盛り上げていきたいです!
(写真は、理事メンバーでご一緒します山田悦子さん撮影です)

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

blog category:etc.
other categories

2020-03-08 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

採点など

IMG_0170

2019年度の秋学期、中部大学の非常勤講師の対応も無事に終えられそうです。

設計のデザイン指導の講座は、毎週のエスキス指導、課題の提出があり、その評価を複数の先生方と協議しながら行います。設計はどこをどう評価するか判断が難しい部分もあり、他の先生と意見が分かれることも稀にあります。

講座は、設計のほかに座学も1科目担当させていただいております。
座学については、小テストを期末試験までの通常授業で複数回実施しました。小テストは行った方が学習効果が上がるだろうとこれまでの経験から判断して実施していますが、履修者が120名ほどになりますと採点、成績データ入力の作業だけでもそれなりに大変に・・。最後のまとめ・評価の作業は、指導する側も踏ん張りどころとなります。

設計指導も座学も、まずは指導の内容以前に病欠や交通機関の遅延などに巻き込まれないよう気をつけながら、かつ実際の講座をこれまで以上に良いものにアップデートしていくことを私なりに毎週考えていました。
ちなみに、真っ暗な早朝の電車移動にもかなり慣れてきました(笑)

少しずつ改良した指導で成果が上がったように感じた秋学期の採点・評価もようやくまとまり、ホッとしています。

 

blog category:大学・教育
other categories

2020-02-10 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

GLO-BALL

先日、「豊橋の住宅」の1年検査を行ってきました。

こちらの住宅は、お引き渡し後まだ1年は経過していませんが、クライアントのご都合により時期を少し早めて1年検査を実施しました。ほぼ1年の経過から、引渡し時までに予見できなかったような不具合が生じていたりすれば、この検査で内容を確認し当初工事の不備にあたるものは無償で手直しをさせていただきます。

構造耐力には関係しない部分ですが土間のコンクリートに生じたクラック、およびプラスターボードのクラックの補修を行うこと、そのほか1階の南面建具(木製建具)に調整を加えることとしました。
木製建具は一般に、夏・冬を一度経験しますと、温度変化、乾燥などによる多少の収縮や変形が生じますが、初年でこれらの動きはほぼ落ち着くと言われています。1年検査で施工者(現場監督さんと建具職人さん)と設計者立会のものと、各所確認をし(調整を行うことは引渡し時からお伝えしていることでしたが)予定通り作業対応をさせていただきます。

 
また立会検査の流れで照明について、ちょっとした作業を経験しましたので補足してみます。

806DA842-4857-4A65-84A0-D43ED7379D2E

「豊橋の住宅」の和室(6畳弱のスペース)には
FLOS社の「GLO-BALL(グローボール)S2」というペンダント照明を設置しています。
デザインはジャスパー・モリソン。世界的な活躍をされており、もちろん尊敬するプロダクトデザイナーの1人です。
この照明器具はシンプルなデザインながら、少しつぶれた丸いガラスグローブがポイントで、宙に浮いた光は和洋を問わず日常のあらゆるシーンに溶け込み、空間を優しく演出してくれる定番アイテムの1つと言って良いでしょう。

光源についても少し。
オリジナルデザイン(純正)ではダブルチューブハロゲンランプが光のまわり方として最も美しいとされています。しかし球切れがありますと取り寄せ品となり、またそれなりに価格が高いのも難点です。普及が進むLED電球も設置可能ですが光の見え方だけ比較しますと上記純正の光より若干劣ります。
豊橋の住宅では、事前にLEDの場合の光を確認して許容範囲と考え、メンテナンス性を重視して設計時にLED光源に変更して発注するよう図面を作成していました。

球換え不要にしていたところまでは良かったのですが、
光源の話題とは別にクライアントより、ご指摘を1点いただきました。
このガラスグローブの中に虫が入ってしまい・・見た目が気になるとのこと。
照明ですから虫が入り込んでしまうのはやむを得ませんが、下面には穴が開いていません。この吹きガラスのシェードはフォルム・光の拡散も美しいのですが、それなりに重量もあり、しっかりと固定された部分の脱着を行うのは少々手間がかかります。
ちなみに、逆さにしただけでは虫は取り出せません。

9DFCDA7D-0592-4540-A06C-2B2D74768C31

器具の上面から。
(こうした画像情報はweb上であまり見かけない気がします)
器具の自重はワイヤーで吊り、中央の電球への電源は別コードです。

結果的に虫の除去は、クライアントのご主人と協働し、単純に掃除機の細いノズルを上部から差し込んで解決しました。
ただ、中央の金属のバネ式部分を外しながら、2人でうまく作業する必要がありました。

 

33C96B1F-6F30-4E89-BD1C-434776D81FE7

器具の不具合ではありませんでしたが、1年検査で 「GLO-BALL」も本来の美しい見え方が回復しました。
クライアントと一緒にメンテナンスできてよかったです。

検査立会いただきましたクライアントご家族、現場監督のMさんはじめ工事関係のみなさん、どうもありがとうございました。
私も良い経験をさせていただきました。
そしてこれからも、よろしくお願いいたします。

 

 

blog category:豊橋の住宅

other categories

2020-01-28 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

敷地調査、絶景でした

IMG_0234

先日、リノベーションのご相談で敷地調査に出かけてきました。
横浜から車を走らせ、予定地に到着しますと・・
庭から美しい海の絶景が広がっていました。

新築、リノベーション、どういった案件でも
それぞれの場所の特性、魅力に触れる瞬間は、毎回ハッとさせられ
建築の仕事はやはり奥が深いなぁと感じます。

 

blog category:etc.
other categories

2020-01-23 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

2020 仕事はじめ

2020meiji_jingu

新年あけましておめでとうございます。

本日、2020年1月6日より通常業務を開始いたします。

 

お正月休み、今年は朝早めの時間に明治神宮へ初詣に出かけてきました。
清々しい朝の光の中、2020年秋に鎮座100年を迎えるという「明治神宮」、「鎮守の森」の大らかな美しさを目にすることができました。

 

2020meiji_jingu_gyoen

朝8時頃、光も空気も心地よく、そして混雑もなく参拝できました。
その後、明治神宮内にあるパワースポットといわれる「清正井(きよまさのいど)」にも、立ち寄ってきました。
写真をUPしてみます。

 

2020kiyomasanoido

加藤清正が掘ったと伝えられ、1年中絶えることなく湧き出る清水。
冬のこの時期でも冷たくない(暖かく感じるほどの)水温でした。

お世話になっているみなさま、ブログを見てくださる方にも
何かプラスとなるパワーが届きますように・・

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

blog category:etc.
other categories

2020-01-06 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

「安全なWebサイト」になりました

スクリーンショット 2019-12-25 16.08.34

hm+architects のウェブサイト「SSL化」を行いました。

これまでは、弊社サイトを訪れていただいてもアドレスバーの頭に(ブラウザによって異なりますが)
iPhoneやMacのsafariでは「安全ではありません」だったり
Google Chromeでは「保護されていない通信」といった表示が出ていました。

これは、URLがhttpから始まるWebページは通信が暗号化されておらず、第三者によってブラウザーとサーバー間の通信データを盗聴・改ざんされてしまうリスクがあるというもので、かつて一般的であったhttpサイトもそのままでは近年は警告される状況になっていました。
SSL/TLSという技術を用いてhttps化(通信の暗号化)をすることで、Webサイト訪問者が安心してWebサイトを利用することができるようになるとのことですが、このようなセキュリティ向上の変更を「SSL化」と呼び、この対応がされていないと上記の警告が出てしまいます。

https化で防げる脅威(通信の暗号化)として
・通信内容の盗聴
・通信内容の改ざん
などがあるようです。

また、SSLサーバー証明書(組織認証型)は認証局がWebサイト運営者の実在性を確認しており、全てのWebページにおいて第三者のなりすましではないことを証明することができます。

 

弊社URLは以前 http://hm-a.jp で運用していましたが、
この度ウェブサイトのセキュリティを向上させた https://hm-a.jp へと改変し、
晴れて「安全なWebサイト」となりました。

この話題、以前から気にはしていましたが、少し調べますとめ自分で改変するのは(リンクさせている過去Blogの全ページなども?と考えますと)なかなか骨が折れることだとわかってきました。一瞬、やれないことはなさそう?と思ったりしましたが、やはりミスする可能性もけっこうありそうでした。今回、専門家の知人に作業をお願いして問題なく改変してもらえましたので、やはり良かったと思います。

 

2019年末、ようやく無事みなさまに安全なページとして観ていただけるサイトにすることができ、ホッとしています。
これまで警告表示が出ていたにも関わらずサイトを訪れてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

間も無く迎えます2020年も引続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

blog category:etc.
other categories

2019-12-26 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

神奈川県横須賀土木事務所

IMG_9785

先日、設計のご相談をいただきました件で葉山へ敷地調査に出かけ、さらに建築基準法上の道路確認のため「神奈川県横須賀土木事務所」へも行ってきました。

そこで気になった写真を3つ、あげてみます。

1つ目:
建物の入口、施設名称サインのすぐ下にある「自動ドア」サイン
この大きさ、およそ幅40cmはあろうサイズで、私がこれまでに見たことのある単独の自動ドアサインの中では最大級!
それなりの築年数と思われますが、ステンレスプレートでこれほど強調する何かがあったのでしょうか・・

 

IMG_9786

2つ目:
駐車場の、自由すぎる車止めと白線。
この両者のせめぎ合いは、車止めに軍配が上がっているようでした。

 

IMG_9784

3つ目:
駐車場脇、ガス給湯機&メーターでつくる建築ファサード
集合住宅と思われる建築の妻側壁面には、各階見事に並んだガス給湯機とメーターの数々。
古い建物ですが、そこには何らかの意思が感じられ、いい味を出していました。

 

 

blog category:etc.
other categories

2019-12-09 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

Day Camp 打合せ

IMG_9853

先週末は「Day Camp(デイキャンプ)」に行ってきました。

キャンプがご趣味の1つであるご家族と、ゆったりとした時間を過ごしながら設計の打合せです。
普段、小さなお子さんとご一緒の打合せとなりますが、
「いっそのことキャンプとかしながらお話ができると、子供たちにもちょうどいいかも?」
というクライアントご夫妻からのご提案で、デイキャンプ打合せが実現しました。

肌寒さを感じる季節に行うデイキャンプも清々しく、いい感じです!
テントほかキャンプアイテムは全てクライアントご家族にご準備いただいてしまい、娘も連れて私たち家族はゲスト?のような格好となって(笑)・・

まずは食事の準備から。

 

IMG_9855

別の場所で炭火を起こし、ガスも同時に活用しながらの調理。
ご夫婦の手際の良さに感心していますと
ダッチオーブンで煮込みをしつつ、アヒージョ、ローストビーフ、など
次々と美味しそうなお料理が整っていき、大興奮!!

 

IMG_9850

IMG_9867

炭火でのトーストもさすが、いい感じの焼き加減です!

 

IMG_9858

外でゆったり過ごしての食事は特別な味わいがありますね。
本当に美味しく、ご馳走様でした!!

こうしたひと時は、なんだか別世界・・ということがバッチリ実感できました。

IMG_9848

キャンプ場脇の河原では、子供たちが延々と石投げを。

その後、テント内でパーコレータで入れていただいたコーヒーを飲みながら
焼きマシュマロやら生チョコをつまんで皆でまったりと。
気がつけば、あれ?打合せのはずが・・みたいなことになりつつも
やはり日常とは異なる、何物にも代えがたい貴重なひとときをご家族と共有させていただき、楽しい1日となりました。

素晴らしいデイキャンプ打合せをセッティングしてくださいまして、本当にありがとうございました!

 

 

blog category:新城の住宅
other categories

2019-12-06 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

JIA環境懇話会/Next Library

IMG_9884

先日、東京都渋谷区神宮前にあります日本建築家協会(The Japan Institute of Architects)のJIA館にて開催されました
JIA環境懇話会へ参加してきました。

第17回目を迎えますこの回は、「スターバックス」、「au」、「NISSAN」など大手企業をはじめとする様々なブランディング、アイデンティティマネージメントを主に手掛けるAXHUM Consulting の南山宏之さんにご登壇いただき、
「Next Library  変革する北欧の教育と図書館」というタイトルで、21世紀型の図書館のアイデンティティについてお話いただきました。

北欧の最新図書館事例を3つを取り上げ、各施設の現地での様子、さらには北欧の教育全般に関する話題にまで広げて解説をしていただきました。
各図書館、その運営、市民の利用の仕方など、興味深い内容ばかりです。

 

77410367_2593577574057307_5216685333764112384_o

 

写真に紹介されていますのは、フィンランドの首都ヘルシンキに建設されました
ヘルシンキ中央図書館「Oodi(オーディ)」です。

市民が市民の夢を叶える施設として、単に図書館機能を持つだけでなく、アートとテクノロジーの融合をサポートするような活動、イベントスペースなどが様々に用意されています。それぞれの機能がリンクしながら本当に積極的に利用されている状況がありました。ちなみに予算は約1000億円とのこと。そのうち30%が国からの寄付金だそうですが、図書館への大きな期待と力の入れ方が伝わってきます。

北欧の図書館というのは、単に本から知識を得る場ではなく
「市民、一人ひとりの幸せを発見する場」と考えられています!

 

IMG_9888

日本の図書館を改革できないか・・

南山さんが、
日本は行政の方針も基本的に「欠乏充足型の対応」であることが問題!
とお話されていたのが印象深かったことの1つです。
さぁ、ここからどう抜け出すか。
図書館はどうあるべきか、誰がどう決め、どう運用するか。
フィンランドの教育がなぜ世界一か?というマイケル・ムーアさんのインタビュー動画も紹介されたり。
やはり「日本の未来は教育方針にかかっている!」ということで間違いなさそうです。

会場には、建築設計の専門家以外の方も多数参加されており、質疑応答、意見交換がなされました。
私も以前、福島県の「白河市立図書館」を設計担当した経験などから質問をさせていただき、勉強になりました。
また講演直後の会場内で、図書館を全国的に研究されている専門家の方から声をかけていただきました。
なんと白河市立図書館も訪れ、運営面含め高く評価してくださっているというコメントを頂戴しました。
思いがけず、重ねて嬉しい勉強会となりました。

 

blog category:展覧会等イベント視察
other categories

2019-12-05 | Posted in blog, diary, indexNo Comments » 

 

天然ナメコ

IMG_9538

先日、新潟の上越市へ出張に(深夜の車移動で弾丸でしたが)。

合間の時間で、この時期にしかお目にかかれない、天然のナメコを採らせていただきました!
春の山菜採りは何度か経験していますが、秋のキノコ採りは初めてです。

 

IMG_9638

この日は小雨でしたが、現地で木工のオリジナル家具や器を扱う「木也屋」さん(読み:きなりや)の代表をされています大滝剛一さんに、急遽ナメコ自生スポットをご案内いただけることとなりました。

 

IMG-9573

ちなみに、こちらは木也屋さんの店内。異なる樹種、木目・模様の味わいが手作りの器の魅力です。
窓からは、何とも美しい紅葉が見えます。

 

IMG_9650

大木から切り出した無垢材により、テーブル天板をはじめとする家具、椅子などもオリジナル制作することが可能です。
材の大きさ・厚さ、樹種のラインナップともさすが!といった感じでした。
先日も地元のTV局より取材を受けたそうです。

 

IMG_9608

近くの山に分け入ります。
自然林の美しさに感心していると、時々こうした倒木があります。

 

IMG_9590

倒木の根元付近に天然のナメコが自生していました!
樹皮と幹の間の部分に菌が繁殖するようで、この部分が良い環境だと多く自生するそうです。しかし倒木の朽ち方などによって数年でコンディションが変わり、徐々に採れなくなるとのことでした。
ここで見ることができたナメコは、通常売られているのものよりプリッと、しっかりとした良い状態のものでした。1日遅いだけで傘が開きすぎになってしまうそうで、タイミングもベストなものを教えていただきました。
その後、もちろん美味しくいただき、ひと時でしたがナメコ採りで秋を感じて癒され、思いがけずとても良い気分転換になりました。

大自然のエネルギーを受け取ることができましたので
これから冬に向け、設計作業、大学での学生指導など、今まで以上に頑張りたいと思います。

 

blog category:etc.
other categories

2019-11-27 | Posted in blog, diaryNo Comments »