diary

卒業設計審査会 2019.02

IMG_8251

非常勤講師をさせていただいております愛知工業大学の建築学科、卒業設計審査会に行ってきました。

各学生さんが1年近く時間をかけてまとめた設計の審査会です。
30名の学生さんに対し、ポスターセッション形式、約1時間半で全て(1人5分程度)見てまわりましたが、この時間で提案内容を判断・評価するというのはなかなか難しい審査会でした。

個々の提案で読み取りにくい部分を質問しながら、あっという間に時間が足りなくなってしまい・・
気の利いたコメント・アドバイスを残せなかったなぁ、というのが本音です(反省)。

この学年は、私がはじめて非常勤講師として担当した1年生が4年になった年でしたので、何人かの学生さんは顔と名前を記憶しており、それなりに想い入れもありました。

学部の4年間でしっかりと成長したところが見え、当然各研究室の先生方のご指導のおかげではありますが、何だかとても嬉しく感じました。
プレゼンテーションのCG・模型のスキルはかなり磨かれていましたし、大人顔負け?という力作も何作かありました。評価の高かった2作、スナップ写真をUPしてみます。

 

IMG_8252 - バージョン 2

既存建築に手を入れてリノベーション、コンバーションさせるなどの提案も多く、私が学生だった時代とは視点が変化していることも感じます。逆に、いろいろなヒントをいただいたようで勉強になりました。
審査する側が審査されているようなところもあり・・焦りますね。

建築の実務設計では、10年・20年と経験を積んでも、およそはじめての敷地条件だったり新たな課題に直面することの連続です。
学生さんは、大学の入学時には想像つかないほどのレベルで設計提案が出来るようになったと思います。

「はじめて行なう事柄にも臆せずチャレンジすれば、前向きに変えていける、何とかなる!」

というこの成長経験を社会に出ても生かし、大いに活躍して欲しいものです。

 

 

blog category:大学・教育
other categories

2019-02-15 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

外壁検査ほか

IMG_0145

現在進行中の「蒲郡の併用住宅/House in Gamagori」で
外壁検査を行ないました。

外部足場の解体前、縦羽目板張り(レッドシダー)の外壁、RC打放し仕上の外壁、ガルバリウム鋼板の屋根をチェック・確認します。

 

IMG_0169

写真は、敷地の北側に走る、東海道新幹線と平行に配置させた2Fヴォリュームの屋根です。
住宅としては比較的長細いプロポーションですね。

外壁の通気胴縁から連続させた屋根通気を棟換気までつないでいます。

ちなみに、ガルバリウム鋼板の立てハゼは
立上がり寸法を16mmほどとし、控え目・繊細な見え方に。

外壁・屋根とも大きな問題はありませんでしたが
一部の手直しを加えていただき、外部足場を解体します。

 

IMG_0258 - バージョン 2

いよいよ足場解体!

西面/道路側
2Fの住居ヴォリュームが、スラブキャンティレバーで迫り出しています。

 

IMG_0273

北面/外壁・住居エントランスまわり

 

IMG_8204

南東より/全景。

1FをRC造、2Fを木造とした混構造の建築全体構成がついに見えてきました!

まだまだ内部仕上、外構工事が続きます。

 

blog category:蒲郡の併用住宅
other categories

2019-01-19 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

足場解体

IMG_9982

現場進行中の「目黒の住宅/House in Meguro」の現場確認。

ついに足場が解体され、外観が見えてきました!

 

IMG_8092

角地に立つため、南西の交差点から建築全体が良く見えます。
計画地は、「第一種低層住居専用地域」でかつ、高さ制限が最も厳しい「第一種高度地区」の斜線制限を受けるため、建物全体の立ちを低く保ったヴォリューム構成としています。それでいて内部は、とても使いやすい回れる動線で水平に広がりを感じるプランとなっています。
カーポートやバルコニーといった壁面の機能的な凹凸により、シンプルな平面計画に個性ある外観を与えております。
存在感はあるけれど、低姿勢な雰囲気・・という全体イメージです。

これから内装仕上工事と外構工事、
竣工までもう一息、引き続きよろしくお願いします。

 

 

blog category:目黒の住宅
other categories

2019-01-18 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

駿河湾のキリン

IMG_8191

新年、新幹線での初出張です。
進行中の現場定例会議2件と、大学で担当させていただいている2つの授業へ。

毎度のことですが、朝は暗いうちに出掛け、新幹線に乗車します。

東海道新幹線では、途中の駿河湾近くを通る時タイミングを逃さなければ・・
南側の席から写真の風景、キリンたち(ガントリー クレーン)を見ることが出来ます。
このショットに興味ある方はあまりいらっしゃらないかも?ですが
今回、ほんの少しの時間しかお目にかかれない
日の出のキリンをちょうど写真におさめられました!

個人的には、何だか良い感じの初出張、朝の1枚です。

 

 

blog category:etc.
other categories

2019-01-11 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

とらや 赤坂店

IMG_8165

「とらや 赤坂店」/東京都港区
設計:内藤廣建築設計事務所

昨年10月にリニューアルオープンした後、訪れたいと思いつつ・・
お正月休み、1月2日に行ってみました。

 

IMG_8167 - バージョン 2

以前あった9階建ての店舗が建替えられ、地上4階、地下1階/S・RC・一部SRC造の建築が生まれています。
扇形平面のR面ファサードをガラス張り、屋根をチタン仕上げとした外観。

 

お正月休みは元日も営業され、込み合っていたようですが、この日もとにかく利用者の出入りは、ひっきりなしでした。
喫茶利用は整理券発行に従い、しばらく待たせていただくことに。

一般の方が写真に入らないよう、ちょっと建築のスナップ写真を撮るのもタイミングがなかなか難しく・・待ちながら、という状況でした。

 

IMG_8185

少し部分を拝見するだけでも、かなりのディテールへのこだわり・検討が感じられました。

 

IMG_8170

カーテンウォールサッシも、特注のアルミ型材?と思われましたが、表面に繊細な刻みのテクスチャーが与えられていました。(この写真では読み取れない細かさです。かなりアップでないと写りません・・)

 

IMG_8175

ガラスファサードに面して緩やかなカーブを描き、上階へ続く鉄骨階段。

 

IMG_8181

2Fと3Fをつなぐ、内部の鉄骨廻り階段。
階段に限らず、どこも相当に手が込んでいます。

 

内装各所には、吉野のヒノキがふんだんに使用されているそうです。
そのほか、黒い漆喰壁もかなり迫力のあるものでした(利用者が多く、写真にはおさめられていません)。

ベースとなるグレー系の塗装色については
建築の各部はもちろんのこと、設備機器に至まで特注色で統一されているように見えました。

 

IMG_0123

3F客席からの眺め。前面道路:国道246号線

 

IMG_8173

外部から扇形で見えるチタン屋根部の鉄骨ストラクチャー。
軽快でありながらリズミカルで力強く・・
特に、サッシに向かって先端が細くなっていく鉄骨フレーム造形が、何ともシャープで美しく、見入ってしまいました。
トップライトによる奥行き感・陰翳表現など、さすが!のインテリアでした。

美味しさ・美しさのクオリティが高い「ぜんざい」と、簡素にして高雅な「建築」を一緒に味わうことができました!

 

blog category:建築視察
other categories

2019-01-03 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

2019 初詣

新年あけましておめでとうございます。

 

建築Projectでご関係いただきました方々、また拙BLOGを見て下さいました皆様、旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
2019年が素晴らしい1年となりますよう、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

IMG_0114

2019年の初詣。
hm+architectsとしましては、毎年恒例ですが明治神宮へ行ってきました。

お正月の三が日で約300万人が参拝するといわれます明治神宮ですが、午前中も早めの時間ですと、それほどの混雑でもなく参拝することが出来ます。

 

<写真:大鳥居(第二鳥居)について補足>
1920年造営の木造明神鳥居で、
1961年の落雷により参道から向かって右側の柱を破損、その後1975年に再建されたもの。
高さ12m、幅17.1mという大きさは、木造の明神鳥居としては、日本最大とのこと。再建時に造営時と同様のヒノキを国産では確保することが出来ず、台湾で見つけられた樹齢1200年以上のヒノキが使用されたそうです。

 

IMG_8135

今年は、雲一つない晴天に恵まれ
清々しい朝の参拝となりました。

御社殿(本殿)は銅板の屋根葺き改修工事も終え、堂々たる建築の姿を再び取り戻しています。

 

ちなみに・・
明示神宮の建築のあちこちでは「ハートマーク?」を見ることが出来るのですが、皆様ご存知でしょうか。

本殿の参拝前後におさめたスナップ写真をいくつかご紹介させていただきます。

IMG_0117

建築の破風(はふ)中央にご注目下さい。
こちらは客殿。

 

IMG_8156

こちらは御社殿と神楽殿の間、渡り部の屋根。

 

IMG_5629

こちらは第三鳥居のすぐ脇、小屋根の破風でも見ることが出来ます。

 

 

IMG_5638

さらに、南神門の金物各所です。

 

IMG_5637

参拝者が跨ぐ金物にも。

 

IMG_5640

格子の建具コーナー金物には、かなり集中しています!

2019年1月2日、
何だかちょっと穏やかな気持ちになった?初詣でした。

 

 

blog category:etc.
other categories

2019-01-02 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

event/建築家展(横浜) に参加します

YKCELLshikinomori190111 - バージョン 2

〜はじまりは、建築家との出逢い〜

 

2019. 1/11〜1/15 横浜ランドマークタワー31F にて開催されます建築家展に参加させていただきます。

開催日時:
 1/11 (金)〜1/15(火)
時間は全日程共通 11:00~18:00 
入場無料
 

開催場所:
ASJ YOKOHAMA CELL
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1  横浜ランドマークタワー31F

神奈川エリア・首都圏を中心に活躍する、建築家が参加します。
全日程とも 入場・相談無料のイベントです。

建築家との家づくりとは?
建築、住まいに関すること全般で知りたいこと、
ご興味、ご質問などございましたらお気軽にいらしてください。

 

〜はじまりは、建築家との出逢い〜
イベントタイトルのように自分にあった建築家が見つかる
建築相談会となれば幸いです。

IMG_5623

 

blog category:出展イベント
other categories

2018-12-15 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

マルセル・デュシャン展

IMG_9320

東京国立博物館の平成館で10/2〜12/9まで開催されていました
「マルセル・デュシャンと日本美術」展に行ってきました。

 

20世紀の最も偉大で謎めいた芸術家といわれる マルセル・デュシャン(1887 – 1968)

 

デュシャン没後50周年にあたる特別展ということで、フィラデルフィア美術館が所蔵する世界的に知られたデュシャンの作品コレクションが数多く見られる展覧会となっています。

日本で主要作品をまとまって見ることができる機会は滅多に無く・・
会期終了前に何とか足を運んで見ることが出来ました。

 

一部の作品を除き、作品の撮影可でしたので
いくつか写真をUPしてみます。

 

IMG_9321

入口に、いきなりレディメイドの構築物として知られる
《自転車の車輪》(1964 レプリカ/オリジナル 1913)がありました。

来館者の心をガッチリつかんで展示がはじまります。

 

IMG_9324

はじめに、1902年から1912年までの間の「画家」としてのデュシャンの作品が並びます。

作家の年代・表現の変化を追うように、アーチ型のゲートをくぐり抜ける形で展示されていました。

 

IMG_9340

《ブランヴィルの教会》(1902)

15歳のときに描いた作品。

 

IMG_9325

《芸術家の父親の肖像》(1910)

こちらは 23歳のときに描いた作品。

 

印象主義から象徴主義、そしてフォーヴィスムにいたるまで、さまざまな前衛的な様式に実験的に取り組み
そして20代の若さで、画家としての作品づくりを早々に放棄してしまう・・

技術もセンスも早熟で、
インテリで経済的にゆとりもある美男子!
みんな虜になりますね。やはり凄い芸術家です。

 

 

IMG_9328

左:《チョコレート磨砕器 No.1 》(1913)
右:《チョコレート磨砕器 No.2 》(1914)

 

通常の「絵画」制作を止めたデュシャンは
その後、伝統的に理解されていた絵画の枠を押し広げていきます。

 

IMG_9326

彼の最も重要な傑作の一つ

《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(通称《大ガラス》) (1915-23)

 

 

IMG_9330

《瓶乾燥器》(1961 レプリカ/オリジナル 1914)

瓶乾燥器は、ワイン瓶を乾燥させるため枝状のフックがついた円形のスタンド。
デュシャンがパリのデパートで購入したもの。

 

いわゆる「レディメイド」と呼ばれる一連の作品の制作をはじめたのもこの時期。

 

「レディメイド」は、ある機能をもった物品を本来の日常的な用途から切り離し、「作る」という概念に相対するものとして、「芸術作品」として「意味づける」こと、とされています。

 

既製品について、建築で考えてみますと・・
古くはほぼ全ての建築部位までオーダーメイドで設計・製作する時代がありましたが、現代の建築設計では、アルミサッシほか各種建材、意匠・構造・設備で必要となる多くの機能的なアイテムで既製品を用いながら建築をつくるのが一般的です。
逆に既製品を排除して1つの建築をつくろうとすれば、恐ろしく時間とコストが必要となるでしょう。

既製品(レディメイド)をどう組み合わせて用いるかの判断が、現代の設計の分かれ道といえそうですが
創造性を何処に見出すべきか・・いろいろと考えさせられます。

 

 

IMG_9332

《泉》(1950 レプリカ/オリジナル 1917)

 

今回、目にすることが出来たレプリカでも半世紀以上前のもの。
オリジナルの1917年からは、もう100年経過しているのですね。

 

 

その後、1921年にデュシャンは職業を芸術からチェスへ転換しようと言い始め、それから20年ほどプロのチェス・プレイヤーであるかのようにチェスに没頭。

IMG_9334

《ポケット・チェス・セット》(1943)

 

 

1930年代の中頃は、自分自身の作品を複製というかたちで再考することに興味を持っていき・・

IMG_9335

《マルセル・デュシャンあるいはローズ・セラヴィの、または、による(トランクの中の箱)》

 

デュシャンは、世界にたった一つの作品(オリジナル)にこそ価値があるという考えを徹底的に批判しています。

 

 

 

さて、メディアの発達も著しい現代の建築・設計の価値、本質はどこにあるといえるのでしょうか。

 

日々の設計において私たちは、あまり壮大な捉え方をしないで実直に1つひとつの仕事に取組んでいるつもりです。

しかしながらデュシャン展の後には、日常のあらゆるものを違う視点で捉え直したくなってしまいます。

そんな偉大な芸術家に触れることができた、興味深い展覧会でした。

 

 

blog category:展覧会等イベント視察
other categories

 

2018-12-10 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

上棟式で落書き

IMG_9669

現場進行中の「豊橋の住宅/House in Toyohashi」で
先日、無事に上棟式を執り行うことができました。

 

建て方作業の当日ではなく、後日クライアントご家族がお揃いの日としましたが
暖かい晴天に恵まれました。

棟梁より「祝詞奏上(のりとそうじょう)」、ご家族も加わっての「四方祓い(しほうばらい)」を行ない、その後各部屋を簡単にご案内させていただきました。

建築の内部空間・スケール感を確認していただき・・お子さんは大はしゃぎです!

はじめての空間を楽しそうに見てくれると、嬉しいですね。

 

IMG_9683 - バージョン 2

いつの間にか・・可愛らしいハートマーク!

建築下地への落書きも良い思い出になりますね。

 

ご家族に愛される建築となりますように。

 

 

blog category:豊橋の住宅

other categories

2018-12-01 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

田根 剛「未来の記憶」

IMG_9368

TOTOギャラリー間で2018年12月23日まで開催中の 田根 剛 「未来の記憶 Archhaelogy of the Future – Search & Research」展覧会へ行ってきました。

20代の若さで「エストニア国立博物館」国際設計競技に勝利(当時は ドレル・ゴットメ・田根:DGT.)するなど、現在幅広い注目を集める建築家 田根 剛 さん。
2017年にDGT.解散後、フランスを拠点に国内外のプロジェクトを進められています。

ギャラリー間での展覧会に加え、東京オペラシティアートギャラリーでも同テーマで展覧会を同時開催されているとのことで、凄いエネルギーです。

IMG_9374

展示物の多さに圧倒されるような会場風景。

映像を除く展示物は撮影可でしたので、少々紹介させていただきます。

 

IMG_9375

新国立競技場基本構想国際デザイン競技案「古墳スタジアム」の模型、スタディ素材。

展覧会のテーマである「Archaeological Research(考古学的リサーチ)」の方法論で
どのプロジェクトも展示されています。

 

IMG_9377

アイデアのヒント・スタディ展示の数々。

 

IMG_9378

 

 

IMG_9376

場所の記憶をさまざまな角度から分析することで新たな系をつくり、未来につながる建築へと展開させていく田根さん。

個人的には比較的、直接的な素材や形態の引用が多めに感じられましたが、
コンテクストの洞察を、素直にわかり易く表現していることが重要なポイントなのだと思います。
他者へ楽しさが伝わり、共感が得られやすいことが人気の理由でもあるように感じました。

 

 

IMG_9373

外部にまで、室内と同様の展示が拡張されていました!
(アクリルケースで模型などを保護)

 

田根さんが示す
「記憶は現在を動かし、未来をつくる」という言葉。

難解なロジックを駆使するというより、
場所や時間について自然体の身体感覚を大切にし、どのプロジェクトも進行しているように感じられました。
鑑賞者も肩に力を入れずに、素直に楽しんで見ることができる展示ではないでしょうか。

 

場所の記憶、人々の記憶・・

確かに未来は過去の記憶の上に積み上げられるものですが、
場所や人の中に多く堆積する記憶のうち
どこにフォーカスして次の、未来の記憶の土台とするのか。
当り前なのでしょうが、この意識的な選択が極めて重要なのですね。

ポジティブな未来の可能性、イメージはやはり「今の自分が次の自分をつくる!」
ということで・・
日々の設計活動ではこれまで以上に楽しめるポイントを意識して取組んでみます!

 

 

blog category:展覧会等イベント視察
other categories

2018-11-25 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

建て方

IMG_9484

「豊橋の住宅/House in Toyohashi」の建て方に立会ってきました。

作業は細長い敷地の奥から、12tonのラフタークレーンを使って進めていきます。
日没前に棟上げまで整うよう、早朝から作業を進めていただいたため
午前中のうちに、2階のヴォリュームが立ち現れました。

 

image - バージョン 2

IMG_9523

建物ヴォリュームは、東奥の一部を2階としますが大半は平屋にしています。

 

 

IMG_9487

今回の計画では、木造フレーム(棟木の一部)に鉄骨補強を入れています。

 

image

IMG_9507

こちらはエントランスになる部分。

 

 

IMG_9514

東西30m弱の長さとなる住宅の全体像が見えてきました。
これからの内外装工事に向け、気持ちも高ぶります!
工事に関係されます皆さん、竣工に向けよろしくお願いいたします。

 

 

blog category:豊橋の住宅

other categories

2018-11-18 | Posted in blog, diaryNo Comments » 

 

現場確認

IMG_9207

「目黒の住宅/House in Meguro」の現場確認をしてきました。

2階のメインルームに大型のアルミサッシが搬入・設置されたところです。
都心部の住宅として見ますと、かなり開放的だと思われます。

ちなみにこのサッシは設計上、建築法令の工夫を少し加えて成立させていますので、やや専門的になりますが補足を少し。

準防火地域、隣地との距離で防火上の配慮が求められます「延焼の恐れのある部分」にあたる範囲では、一般普及品となる標準のサッシではなく「防火設備」という防火性能を備えた特別仕様のサッシとしなければなりません。それは性能試験をパスした国土交通省の認定品となるため価格も高価で、サイズ上限も定められ、住宅用では大きく開放的なものは製作出来ません。さらにガラス種類も「網入りガラス」となるため、窓からの景色も網(鉄線)の入っていない「透明ガラス」に比べて劣ります。

本来そうした特別仕様の防火サッシとすべきところですが、ここでは標準サッシで大きな窓を安価に設置出来るよう建築法令上もクリアしています。詳細な説明は省かせていただきますが、「防火袖壁」の扱いを工夫している設計としたため法令上OKになっています。

全面透明なクリアガラスで、日射の影響を抑えるLow-e複層ガラスが入っています。

計画は、都心の限られた敷地ということもあり、できるだけ全体の平面プランに広がりを持たせようと試みました。そして建築全体のコストや空調効率のバランスなどから、天井については意図的に少し高さを抑えた設計としています。しかしこの大型の標準サッシのおかげで・・実際の寸法以上に天井も高く感じられると考えています。

 

IMG_9233

南面テラスは、少々パースペクティブを操作したものになっています。

軒天井の仕上には「レッドシダー」を採用していますが、とても綺麗に施工していただいております。
こちらも一般的には軒の天井材に建築法令上の防火性能が求められるところ・・法令対応しつつ天然木の仕上を実現させています。

今後こちらのテラスは、塗り壁とウッドデッキの床で仕上がり、室内床が外部へ伸びていくようなイメージに。
写真右の手摺壁により道路からの視線をカットしているため、プライバシーの保たれたテラスとなります。

ちなみに写真は、日没少し前のタイミングに撮影したものですが、西日が室内に入らないよう、ちょうど良く建築の袖壁で遮られています。

現場でこれら建築の「法令」「性能」「意匠」など、準備していたことが一つひとつ確認出来てきますと、ホッとしつつ、じわじわと嬉しさも増してきます。
クライアントご家族の皆様に、建築に盛込んだ工夫をご理解いただける日も近づいてきたような・・

まだまだ気を引き締めて頑張りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

blog category:目黒の住宅
other categories

2018-11-03 | Posted in blog, diaryNo Comments »